人気通貨とダメ通貨

FX取引を考える上で重要な通貨ペアについて考えてみます。
まずは人気上昇中の通貨についてです。

FX投資など外貨投資のルールは基盤が安定していて不正がなく、比較的情報が得やすい国を探して投資する事です。ただ、それだけでなく変化の兆しを読み解くということも大切なポイントとなってきます。

現状があまり良好な状態ではないとしても、今後もそのままの状態が続くとは限らないのです。過去に通貨危機に苦しんだアジアの国々も現在は持ち直し、通貨の価値も株価も飛躍的に向上させたという例もあります。

近頃は、ユーロやポンドなどのメジャー通貨やその他のマイナー通貨にスポットライトが当たりはじめた時期だけに、変化の兆しをキャッチするアンテナは立てておきたいところです。

人気が高まり、少しずつではありますが金融機関などの取り扱いが増えて投資しやすくなってきたのは、メキシコペソや南アフリカランド、アイスランドクローネ、トルコリラなど成長期待のある新興国通貨です。

情報収集やタイミングの図り方など少々難しいと感じる方は、複数の通貨に分散投資するファンドを利用するという方法もあります。

ダメ通貨の共通点

FXなど外貨に関わる取引を始める時に気になるのがやはり、通貨の評判ですよね。
お薦め通貨や安定した良い通貨などの情報は結構ありますが、ダメ通貨の情報というのはあまり目にしないような気がします。

良い通貨があるということは反対にダメ通貨も存在するのです。ダメ通貨とは一体どんな通貨なのでしょうか。

そもそも紙幣や硬貨は、国や地域による裏づけで価値が決まります。国の健康状態が良好なことが、お金が正常に機能するために必要な条件なのです。

ダメ通貨の特徴としてみられるのは、戦争に明け暮れていたり、ひっきりなしに政権交代が起ったり、圧政が行われたり、偽札やブラックマーケットを取り締まる規制や公正な価格付けが行われるためのしくみがなかったりと様々です。

ソマリアのソマリア・シリング、イラクのディナール、北朝鮮の北朝鮮ウォン、ベネズエラのボリバル、ジンバブエのジンバブエドルの5つが非常に不安定な通貨と言われています。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/tuukapear.html on line 83

Warning: file(http://www.kinyu-school.net/linkcon/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/tuukapear.html on line 83

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/tuukapear.html on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/tuukapear.html on line 86

HOME > 基本情報 > 人気通貨とダメ通貨