スイングトレードとスワップ

トレード画面はたまに見る、テクニカル分析手法をある程度知っている、 あせらず、かといって放置もしないという人に向いているFXトレードはスイングでしょう。

スイング派のメリットは、ポジションを保有することから、低金利通貨と高金利通貨のペアの場合、その金利差も得ることができます。ただし、1週間から2週間ほどポジションを持つ続けることになるので、多少為替の動きが予想に反しても耐えられるだけの資金余力は必要です。余力がないという場合はレバレッジを低めに抑えることが大切です。

デメリットはレバレッジもあまり大きくはできないので、予算が少ない場合はいくら頑張っても利益も小さめになります。スワップ金利を期待するのであれば、ある程度大きめの資金を投入すれば、低レバでも期待するスワップ金利を獲得できるでしょう。

短い期間とはいえ、多少は為替の動きを予測するだけの知識と技術が必要だということと合わせてファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方が不可欠だといえます。

スワップ生活

スワップ生活を夢見てFXを始める人は少なくないのではないでしょうか?
1日1万円のスワップで1ヶ月30万円。これであれば、なんとか1ヶ月スワップだけで生活していくことは可能ですよね。

でも、スワップ生活を目指すためには気をつけなくてはならないことがあります。
それは、FX会社選びです。実は、FX会社には毎日スワップが引き出せる会社と決済時にしか引き出せない会社があるのです。

後者の会社の場合、スワップ生活をしようと思うと困ります。毎月お金が必要でも、持っているポジションを決済しないとお金が出金できない・・・ということは、どうしてもスワップを引き出したいとなると、例え売りたくなくても売らないといけないということになります。それでは好きなときにスワップを使えませんよね。よく検討して口座を開くことが大事です。

ちなみに、セントラル短資やFX Online Japanなど、他数社ありますがいつでもスワップを引き出せます。マネックス証券やFXプライム、他数社ありますが、決済時しか引き出せません。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/swing.html on line 77

Warning: file(http://www.kinyu-school.net/linkcon/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/swing.html on line 77

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/swing.html on line 79

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/sutekinaha/public_html/nu-ihc.com/swing.html on line 80

HOME > 基本情報 > スイングトレードとスワップ